AI、IOTで大激変!
0

    IMG_0348.JPG


    繊研新聞社さん主催のセミナーに参加しています。今年のテーマは「ファッションビジネス革命前夜」、AIやIOT時代が到来すると(実際にはもう到来していますが)世の中はどう変わるかをAIやIOTの技術革新とアメリカのファッション小売業の事例で説明していただきました。肝は「データ」で、データの収集と分析をどう生かすかで決まってくるようで、その収集場所や収集方法にスマートスピーカーなどのAIやIOTが使われます。アパレルショップでは近い将来、接客が販売員さんからデジタル技術を駆使したフィッティングルームのミラーに代わりそうで、私からすれば何か味気ないと思うのですが10代、20代のミレニアム世代はデジタルネイティブなのでそうしたデジタル接客の方が消費スタイルに合うらしいです。


    また講師によるとアメリカ市場と日本市場の時間差は3年だそうで、現在5%のオンライン販売比率が3年後は今のアメリカと同じ10%-15%まで高まるというのです。オンライン先進国の中国、イギリス、アメリカでは既に販売比率は10-20%まで高まっています。上海はその中でも特にEC化が進んでいますが、数年前の段階で既にメインストリートの物販店はかなり飲食店になっていました。


    ではオンライン時代に勝ち残るにはどうすれば良いのでしょうか?

    結論的には、AIなどは人間の生産性を補完するに過ぎないので、やはり「人」のレベルを高めなければならないそうです。問題はその「人」のレベルですが、デジタル時代のハイパフォーマンス人材は集めたデータを分析し、評価し、適切に実務に生かすというデータサイエンティストとしての知識を持った人になります。またファッション業界であればその上にファッションが好きだという感性的な要素が必要になります。しかしそうした左脳と右脳をバランスよく持ち合わせた人材はそうそういないわけで、実際にはそうしたハイパフォーマンスな人材をどう育てていくかが重要になります。最後は「人」ということはアナログですが心にストンと落ちました。


    しかしAI時代はあらゆることがデジタル化していくので、私たちアナログ世代にとってはなかなか掴みどころがなく、戦略を立てるどころか理解するのもやっとというのが正直なところです。だからこそ普段から最新機器を意識的に仕事に取り入れるなど、それなりに努力しないと困ったオジサンになるんでしょうね。


    夜は深夜までグループに分かれて分科会があり、その激論の中で現時点での各社のEC化比率は大体5-10%で、これから伸ばしていかないといけないとは考えているが、そのシステムやデバイスの投資が巨額なため、投資の判断も難しいと思っていることも分かりました。アメリカ並みのトライアンドエラーが重要とは言いますが、実際には身の丈にあった投資になるため、もう少し時間がかかると思います。セミナーに参加している社長たちの平均年齢は私より上の世代の方たちも多かったのでみなさんどう感じたのかな。


    | - | 06:20 | comments(0) | - |
    東京のkioskで驚きました!
    0

      IMG_0342.JPG


      東京には月に2、3回行ってますが行くたびに街のいたるところで変化が起きていることを感じます。今回はkioskを観察するとそこにもたくさんの変化があり驚きました。最近はとにかく人材不足です。特に販売の現場ではなかなか人が見つかりません。それはkioskも同じと思われ、今回画像のような自販機をkioskの裏手で見かけました。


      この自販機では1つ500円でkioskオリジナルの東京土産、日本土産のキーホルダーが売っていました。また外国人観光客向けに知人の会社が作っている寿司ソックスも売っていました。外国人が増えてくると東京土産や日本土産のニーズが高まってくるのでしょう。そんな時には安くて便利な買い物ができる自販機は魅力的です。自販機といえば飲料水と思っていましたが、もうこれからは人手不足を補う効率的な売り場という位置付けです。パリの百貨店でも店内にコスメの自販機がありましたが自販機に対するイメージが変われば一気にこの動きはファッション分野でも進みそうです。


      またキャッシュレス化も進んでいました。外国人が日本に来て思うのは「未だに小銭がいるのか」と言うことだそうです。たしかに海外では現金で支払うシーンが減ってきているような気がします。また最近スーパーで見かけるセルフレジがkioskでも登場していました。これは便利です。たしかに順番を待っていると電車が行ってしまうこともあるのでそんな時一人でピッとやることは便利この上ありませんが、このスタイルだと払わずに行ってしまう人もいるのではないでしょうか?


      | - | 12:21 | comments(0) | - |
      大谷翔平さんの大活躍で思い出しました!
      0


        野球のことは全く詳しくありませんがそんな私でも大谷翔平選手のエンジェルスでの活躍は知っています。打って投げてその両方がプロとして通用する選手って大谷選手しかいないと言うことですが確かにそうですね。どちらか一方だけでもなかなかなれないのに全くすごい選手です。天才であることは間違いありませんが、人並み外れた努力もしてきたことが分かります。


        それは添付画像のマンダラです。このマンダラチャートは当社の合宿研修で使ったことがありますが、まず真ん中から埋めていきます。この「どうなりたいか」という大枠の目標が決まったら、次にその一つ一つの目標に向かって具体的な行動計画を立てていきます。このチャートはお手本がないと良く理解できないのですが、私が初めて学んだマンダラチャートのお手本が大谷翔平選手が高校一年生の時に作ったマンダラチャートだったのです。


        この時は大谷翔平選手がまだプロに成り立ての頃で、大谷翔平って誰?って言う感じでしたがさすがです。時が経って一つ一つの目標を見ていくと大谷選手がどれだけ計画を立てて努力してきたのか良く分かります。本当に素晴らしいチャートです。私も大谷選手を見習って改めてこのチャートを使ってみようと思います。






        iPadから送信

        | - | 10:27 | comments(0) | - |
        インタビューを受けました!
        0

          IMG_0310.JPG


          現在愛知県警と共同開発中の大人の女性向け防犯ブザー付きパスケースの件で取材を受けました。去年の秋から官民数社共同でプロジェクトチームを作り、各社がそれぞれ音作り、ネーミング、ブザー作りと強みを発揮して進んできましたが、ようやく試作品が完成し、市民2000人にアンケートを取り、もうあと一歩のところまできました。


          先月はそうした流れを受けて県警本部の会議室でプレスリリースを行い、NHKで報道され、今回はさらにメ〜テレでデザイン制作の現場に入りたいとのお申し出を受けるに至りました。インタビューでは色々な角度で質問を受けましたが、当社はバトンリレーで言えば最終走者なので数パターンのデザイン画と1つの試作品しかまだ手元にはなく、バリエーションを増やしていくのはブザー本体のスペックが決まってからなんです。それゆえたった1つの試作品を片手に色々夢を語るような展開になりました(笑)。


          このプロジェクトは「若い女性を痴漢やストーカー犯罪から守る」というものですが、実はその先があるのです。これは県警さんとのまだ夢物語ですが、このブザー音の認知を少しずつ高めていき、この音を鉄道会社など公共の乗り物の中で鳴らすとそこに困った人がいるというサインにするのです。するとお年寄りや障害者が電車や地下鉄の中で困った時にこのブザーを鳴らして周りの人にヘルプを求めることができるようになり、周りの人も安心して声かけできるようになる。そんな優しい社会を実現できるツールになるかも知れません。


          まだ修正を繰り返さなければなりませんが、夏までに何とか発売にこぎつけるために、さあ、もう一息頑張りましょう!



          | - | 15:23 | comments(0) | - |
          ミッドランド日比谷を見てきました!
          0

            IMG_0299.JPG


            オープンしたばかりのミッドランド日比谷に行ってきました。驚いたのはヒトヒトヒト、一階入り口からエスカレーターに乗るための列がずらっと出来ています。エスカレーターで3階まで上がって見下ろすと人の波がまるでアリの軍団のように見えます。特に昨日は夕方からの映画完成披露イベントで主演の広瀬すずちゃんたちが来ていることもあったのでしょう。内外で人がごった返していました。


            さて館内のテナントですが、ミッドランド日比谷のコンセプトが「ここでしか買えない」と言うこともあり、欧米のハイブランドやターゲット層を国内外の富裕層に絞り込んだセレクト感のある商品を取り扱うショップが軒を連ねていました。好きなポスター(現代アートや写真)を選んで、好きなフレームと組み合わせるお店で見た現代アートの数々は本当に素敵で買いたいものがいくつもありました。こうした極めて趣向性の強いニッチなニーズに合致した差異性を提供すると言うことは本当に勇気がいることです。顧客層が違うと全く認知されないからです。


            ライフスタイルグッズやインテリア雑貨、ジュエリー、時計が目立っており、その単価も私の想像よりも一桁違っていました。ちょっとした雑貨でも平均して4-5000円ですし、10,000円越えのピアス、イヤリングなどのアクセサリーも珍しくありません。ポスターは数万円から数10万円の価格帯で、アパレルは10万円以上する服が当たり前のように販売されています。また飲食に至っては1500円を超えるパフェのお店にも順番待ちの行列ができていました。不景気どこ吹く風という感じです。


            そのあとギンザシックスにもリサーチに出かけアパレルを中心に見てきましたが、ここでもメンズの主役はストリートファッションでした。シュプリームとかマスターマインドを着ている外国人も何人か見かけました。スケボーなどのストリートファッションはアクセサリーのトレンドにも出ていたのでまだまだ続きそうですね。



            | - | 14:03 | comments(0) | - |
            << | 2/148PAGES | >>