日がな休日、犬犬犬
0

    IMG_2202.JPG


    日がな休日、犬犬犬です。朝から晩まで愛犬と一緒。

    8月に愛犬がやってきてから7ヶ月が経ちました。京都のブリーダーさんのところに連れに行った時は生後2ヶ月。お母さん犬との突然の別れ、車の中では不安で怯えて泣きそうな顔は忘れることが出来ません。


    それでも名古屋の家に着いた頃には少しずつ打ち解けてくれて、子犬用のケージに入れると走り回り、やがて安心して眠ってしまいました。遊びをせんとや生まれけむ。


    ちょうど1年前の7月に息子が退院し、8月にそれを見届けるかのように16年間連れ添ったダルメシアンの愛犬がこの世を去りました。そのあと息子の回復も期待以上のペースで進み色々と溜まっていた課題が一段落すると、次第に犬のいた日々が懐かしくなり、そろそろ新しいワンちゃんでもお迎えしようかと思った訳です。


    それからブリーダーさんを探し、待ちに待った子犬の誕生、お迎えとあっという間に時間が経ち、今ではすっかり家族の中心人物(中心犬物?)です。欠伸をする仕草ひとつ取ってもまあ可愛い可愛い。お父さんメロメロです。


    今日も朝から近くの公園に散歩です。訓練中なので、人に飛びかからないよう口に手綱をするのですが、これが鬱陶しいのか嫌がって外そうとするのでだんだん可哀想になってきます。しかしドッグトレーナーの先生によると飼い主がそんな気持ちになると犬にも気持ちが伝わり、訓練も台無しということなので、いつも「この手綱、お前に似合うよ。シンデレラみたいだよ、可愛い可愛い」と心から言うようにしています。


    愛犬の寝顔ほど可愛いものはありません。こうしてブログを書いている私の傍にぐっすり寝入っている愛犬の寝顔を見ながら、今日も日がな休日、犬犬犬だったなと平和な1日を過ごせたことに感謝しています。



    | - | 23:53 | comments(0) | - |
    春の商戦もピークに差し掛かってきました!
    0

      IMG_1671.JPG


      会社の近くの早咲きの桜もそろそろ満開です。この時期になると毎年春の商戦がピークを迎えます。春は卒業式、入学式が続き、フォーマルアクセサリーの需要が高まります。またそのお祝いのギフトニーズも高まります。さらに暖かくなり、服装が春物に変わるので、そのタイミングで春のアクセサリーが売れるのです。そうした理由から春商戦は私たちアクセサリーの会社にとって一番物が売れる重要な時期です。


      コサージュやパールは昨年と比較しても順調で良く動いています。また今年はストールピンやスカーフクリップのような雑貨の動きも良く、何となく全体的に良い感じになってきています。昨年は300円ショップなどの低価格の波にかなり飲み込まれ、苦しい一年でしたが、必ずその反動で今年は良いものが動くと思います。


      「良いもので安いものなどありません」。300円であれば300円のもの、100円であれば100円のものなんです。価格が安ければその分品質が悪いのは仕方ありません。品質は目に見えるものばかりではなく、メッキが剥がれると言う言葉がありますがその通り安いメッキは初めは綺麗ですが直ぐにくすみます。不当に高いものは論外ですが、高いものはそれなりに素材や製法にこだわりがあり、お客様の高い期待値にも応えられる品質です。


      個人的には、地球環境のためにも、長く使うことを前提にお客様にはそうした高品質のものを買ってもらいたいと思いますし、出来るだけそうした高品質のものを生産地まで出かけていき、工房から直接仕入れることで最大限コストメリットを出して提供したいと思っています。そうした高品質のオリジナル企画の比率を上げていくことが目標です。


      春商戦が今週、来週ピークを迎えると次は夏の浴衣アクセサリーがスタートします。今年の夏の浴衣も新しさ満載で、今からその結果を聞くのが楽しみです。こうした季節商材は隔年で良かったり、悪かったりしますので、その傾向からいえば今年は間違いなく良い年になります。頑張っていきましょう!



      | - | 00:13 | comments(0) | - |
      ボイメンとパスケルはマッチしていました!
      0

        IMG_1629.JPG


        昨日は県警本部主催の「春の新生活応援」BOHANキャンペーンが大高イオンであり、弊社も協賛企業としてパスケルを使った春物ファッションのコーディネートにチャレンジしてきました。従来の防犯ブザーはオシャレとは無縁のものでしたが、パスケルは防犯ブザーでありながら、ファッションとしても取り入れやすいパステルカラーのパスケースになっています。

        午前中はマネキンを使ったコーディネート提案を行いました。


        そして午後からはいよいよボイメントークショーです。ボイメンファンのお客さんで朝からステージ前は一杯。しかしスタート15分前になっても二人がまだ到着しない。焦る焦る。すると警部からメールが「予期せぬ大渋滞で間に合わないので2人は車から降りて会場まで走っています」。えっ!?走ってる?予期せぬ展開に(笑)。


        10分後、雨の中ステージ衣装を着て走ってきた本田さん、辻本さんに取り敢えず冷たいお茶を渡して打ち合わせ。2人とも本当に好青年で、礼儀正しく、お客さんを待たせてはいけないと打ち合わせをさっと終えると、ステージに移動しました。


        ステージに着くともうそこはボイメンワールド。MCはど素人の弊社の女性スタッフと県警の若手女子巡査。2人とも不安で一杯でしたが、さすがボイメン、プロのトークショーで会場を沸かせっぱなし。私も指揮官の1人でしたがつい立場を忘れて笑い転げてしまいました。アドリブも上手い。MCの二人とも息がぴったりです。あっという間にショーの時間が過ぎ、控室に戻りました。


        ステージを降りて控室に入っても二人は休まず、プレゼント用のパスケルにサインをし、僕らとの記念写真にも応じてくれました。本当に好青年だなあ、すでに全国放送で活躍しているのに偉ぶることなく何事にも一生懸命。AKBなどを応援したくなるおじさんの気持ちが分かりました。本田さん、辻本さん、本当にありがとうございました。これからもますます大きく羽ばたいて欲しいです。僕も応援します。


        ボイメンのお二人が帰ってしまうと再びファッションコーディネート提案とキッズコーナーが中心となり、私たちも最後の声かけとなってきました。ここでもプロとの違いを感じました!それは警察官と私たちの違いです。こんにちは〜、イベントやってますのでちょっと見ていってください。職務質問で鍛えられている警官は皆さん声かけが上手いんです。僕らが同じように声をかけても、今忙しいんで、、、と逃げていってしまうのですが、現職の警官の方々はさっと近づき、さっと連れてきます。さすがだなあ〜。


        今回は県警のみなさんのおかげで本当に貴重な経験を色々とさせていただきました。全てのことに感謝です。



        | - | 19:45 | comments(0) | - |
        売れる喜びの先に見えていますか!
        0

          IMG_1605.JPG


          関西出張の際、伏見稲荷大社に寄ってきました。旧暦では節分は立春の前日なのでこの日を過ぎると年が明けたとなり、毎年この時期にお詣りに行くようにしています。ただ伏見稲荷はキツネの被り物で食べ歩きをしている外国人ばかりで、神社の荘厳な雰囲気が全くなくなってしまい、なんだかなぁという感じです。幸い当社の塚は稲荷山の麓にあるので、山から道を外れて竹林を抜けて行った先にあります。この辺りは静かな良き伏見稲荷の雰囲気が残っています。


          社員一同の健康と事業の発展を祈念していると一冊の「本」が頭に浮かびました。


          以前もブログでご紹介した「夜と霧」は私が人生において最も影響を受けた本の一冊ですが、そこで作者のフランクルはアウシュビッツ収容所で生き抜いた人に共通した「あること」を述べています。それはクリスマスまでに連合軍が助けが来るという噂が出たときのこと、それを信じてひたすら出所出来ること信じて耐えた人は結局出れずに落胆して亡くなったと言います。一方で出所した先に何をするかを考えていた人はかなりの確率で生き延びたと言うのです。フランクルは出所した後、大学の教壇に立ち、この辛い経験を後の世代に伝える自分をイメージしていたと言います。


          これは私達の仕事でも同じです。売れる喜びは誰でも味わいたいものです。味わうと達成感があります。あー売れた!利益が出た!。これも重要です。しかしこれで満足していてはアマチュアです。プロならばこの喜びは利己的なものであって本当に目指すものではないと言うことに気づきます。私たちが目指すものは顧客満足の最大化であり、売れた喜びの先にエンドユーザーの笑顔が見えているかと言うことです。同じ喜びでも利己的な喜びと「誰かの役に立つ」という利他的な喜びでは極限の環境下では死ぬか、生きるかほどの違いがあるのです。


          お客様の役に立つ、社会の役に立つ、そんな自分をいつもイメージすることで目標に近づける、そんなことに改めて気づき、今年も努力していこうと思いました。



          | - | 08:50 | comments(0) | - |
          パスケルも参加します!
          0

            IMG_2129.jpg


            3月3日は雛祭りです。このタイミングで当社は愛知県警主催の「防犯キャンペーン」に協賛し、パスケルを使ったファッションのコーディネートにチャレンジします。私はパスケルを持ち歩けばかなりの確率で被害にあわずに済むと信じています。


            なぜなら、県警の調査でもはっきりしていることは防犯ブザーは「防犯効果が高い」ということです。ブザー音で9割の犯人が犯行を諦めるというデータもあります。しかし、これまで防犯ブザーは、子どもっぽいデザインしかない、普段から持ち歩かない、誤作動が心配、音が大きくて電車内で使えないなどなど、色々な理由で大人の女性には普及してきませんでした。


            これを産官学6団体のプロジェクトを通じて一つ一つ潰していきパスケース一体型のパスケルが誕生しました。パスケルはデザイン的にも機能的にも使いやすく、身につけやすいものなのでいざという時に役立てることができます。普段からいつも持ち歩くものでなければいざという時に使えないのです。特に被害者の約5割が女子中学生、高校生、大学生なので先ずはこの世代に普及させたいと思います。


            今回のイベントは子どもコーナーと大人コーナーに分かれ、大人も子供もイベントを通じて防犯意識を高めてもらえる内容になっており、愛知県警察広報大使のボーイズアンドメンの辻本さんと本田さんがトークショーに来て華を添えてくれます。弊社はもちろんですが、県警としてもかなり力の入ったイベントなので、私もボランティアスタッフの一員として参加する社員共々精一杯のサポートをしていくつもりです。


            お時間のある方は、ちらっとで良いので是非のぞいてみてください。


            | - | 09:08 | comments(0) | - |
            << | 2/172PAGES | >>