<< お盆に考えたこと | main | 人と人のつながりはやはり美しい奇跡の連続でした! >>
パスケル、デビューしました!うれしー
0

    IMG_1216.JPG


    月曜日は県警記者クラブ向けに「女性が持ちたくなる防犯ブザー」パスケルの完成披露会があり、私も参加してきました。はじめに頂いたのがこの表彰状です。表彰状を貰ったのはいつ以来だろう、中学生時代?どうやって受け取るんだったっけ?などと考えていると名前が呼ばれました。あれっ、確か手は左、右の順番だったよな、慌てていると新聞記者の方々がパシャパシャと写真を撮り始めるではありませんか、焦る焦る、焦り過ぎてお礼をいうことをすっかり忘れていました(笑)。


    それにしても警察から感謝状を貰えるなんてなんて名誉なことだろう、本当にこの一年みんなで頑張ってきて良かった。官民学の共同研究開発でなければ生まれてこなかった防犯ブザーです。このメンバーで一緒にやってこれて本当に良かった。熱いものがこみ上げてきました。


    記念撮影の後はいよいよ私のプレゼンです。これまでの経緯からパスケース一体型防犯ブザーの特徴までお伝えし、プロジェクトメンバーを紹介し、ブザーメーカーの社長からブザーの特徴、名電高校の先生から普及させるためのポスターや動画のメディア関連資料の制作の話をしていただき、発表会は終了しました。


    続いて記者からの質問です。質問の大半は私に集中しました。コンセプト、特徴、販売のことです。特に多かったのが販売のことです。当社の通常のアクセサリーやミュージアム雑貨であればバイヤーとのやり取りの中で商品開発を進めるのですが、今回は違います。社会のニーズはあるけれどユーザーである大人の女性のウォンツが低いカテゴリーなので、先ずは「こういう良いものがありますよ」と認知を高め、ウォンツを高めるというステップになります。それ故に、趣旨に賛同いただける小売店さんとこれから認知を高める活動と並行して販売を進めていきます。


    記者の質問が終わり、お開きになったところで、驚きの一報が入ってきました。「東京のめざましテレビから連絡が入り、明日の番組で使いたいということです!」。えええ〜、悪いけど東京に飛んでくれ!。開発責任者の土屋がその足でサンプル片手に東京のフジテレビに向かい、夜中まで商品プレゼンしてくれました(本当にお疲れさまでした)。朝テレビをつけると5時台、7時台の2回取り上げていただきました。


    ストーカー被害や痴漢被害など凶悪な犯罪に遭う女性が年々増えています。警察が守るということだけでは抑えられません。その一方で県警調査でも防犯ブザーを鳴らせば9割近い犯人はその場から立ち去ることが分かっています。県警の方は犯人に事情聴取をし、被害者から聞き取り調査をします。だから「防犯ブザーさえ持っていれば、、、」ということになるのです。被害に遭ってからでは遅いのです。女性自ら防犯意識を高め、パスケルを持っていただきたいと思います。


    パスケルはあなたをタスケル、パスケースです。コンセプトは「いつも身近にあって、普段から使って貰えるもの」です。いつも使っているからこそいざという時にも使えるのです。


    さあ、これからいよいよ普及活動です。スタート地点に立ったばかりなので全てはこれからです。趣旨にご賛同いただける企業や学校と一緒に広めていきたいと思います。



    | - | 08:56 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする