<< 我が家にも夏休みがやってきました | main | 色々なことがあった一週間でした。 >>
あのマスコットキャラクターの作者はあの人かも?
0

    IMG_0994.jpg


    愛知県警さんとお仕事をするようになって知ったのが「コノハ警部」です。これまで全く目に入っていなかったのですが、よくよく目を凝らすと結構コノハ警部の姿は町のそこかしこで見かけます。


    このマスコット、実は全国的に有名らしく、全国の数ある県警のマスコットの中でも警視庁のピーポくんに次いで知名度が高く、密かな人気があるようなんです。作者は愛知県出身のあの鳥山明さんという噂もあり(真偽のほどは不明)、平成3年に作ったということです。どうりで人気が高い訳だ。説明文を読むと全国の県警キャラクターの中で唯一コノハ警部だけが警察の階級である「警部」を名乗っているそうです(例外的に認められた?)。


    コノハ警部からマスコットのことが気になり、ちょっと調べてみると出てくる出てくる、全国の官公庁、警察、裁判所、検察、、、キリがありません。身近なところだけでも、静岡県警はエスピーくん、岐阜県警はラピィ、三重県警はミーポくん、、、全く知りませんでした。


    ブランドの勉強をするとブランドパーソナリティとしてブランドイメージをキャラクター化させます。キャラクターやシンボルは街がどうありたいか、組織がどうありたいかを考えて作っています。そうした目線で見ているとなぜコノハズクなのか、なぜ愛知県のキャラはシャチが多いのかなど、あーなるほどと思える新しい発見もたくさんあります。

    | - | 04:08 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする