CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
地理的表示(GI)保護制度について考えました
0

    IMG_0805.JPG


    東京の学生寮で一緒だった親友たちと年に一度名古屋集合で忘年会を開くのですが、一人の友人が今年は本場の八丁味噌を買いたいというので岡崎の老舗味噌蔵、「カクキューさん」と「まるや八丁味噌さん」に行ってきました。


    会社のバス旅行で一度まるや八丁味噌さんには行ったことがあったので私は二度目、それでも今回は二つの味噌蔵を回るのでそれぞれの味の違いも発見できて、非常に楽しくグルメなプチ旅行となりました。


    ところでこの二つの味噌蔵、いま話題です。それは農水省が進めている地理的表示保護(GI)制度にこの本家本元の二つの味噌蔵が外されてしまい(?)、あろうことか、輸出の際「八丁味噌」という名称が使えなくなってしまったのです。二つの味噌蔵は昔からの製造法にこだわっており、県内で生産の工業化を進める味噌樽醤油組合に加入していなかったというのが理由ですが、なんともすっきりしません。


    この制度、もともと産地のブランドとその品質を守っていきましょうという制度で、夕張メロン、松坂牛、西尾抹茶など、その品質基準はどうで、どこで作っていて、ここの生産者は誰だという具合に特定し、生産者の知財を守るという制度です。認可されると「GIマーク」が使えます。今回の争点は八丁味噌の産地を「岡崎」のみとするか、「愛知県」全体とするかという点と、製造方法を「昔からの木桶に石積み」のみか、「ステンレス樽を使った最新技術」も認めるかでした。


    概念は素晴らしいのですが、運用面では同じようなトラブルが全国でおきています。老舗などこだわりが強いと規模が小さく経済効率も低くなります。伝統とはそもそもそういうものです。GIマーク導入に際してはそうした事情も考慮して、ブランドの定義を明確にしなければ、伝統的な製法にこだわっている老舗はどこも認定されなくなってしまいます。事実、岡崎の2社は製造方法で折り合いがつかず組合を脱退したという経緯がありました。


    うーん、非常に悩ましい問題ですが、せっかくマークを作るんだったら、通常のGIマーク(赤色)に加え、こだわりの生産者だけに使えるGIプレミアムマーク(金色)といった具合に両者がそれぞれ違ったマークが使えるようにしてもらいたいですね。


    | - | 16:02 | comments(0) | - |
    嬉しいことに気づきました!
    0

      IMG_1724.JPG


      先日受けた銀行のセミナーでの話です。


      少子化対策と言うけれど、そもそも女性が社会で活躍するようになった日本で出生率を向上させることは至難のわざ、でも不可能ではない。その具体的な方法について講師は「価値観を変えて婚外子を社会が受け入れることだ」と言っていました。婚外子であっても偏見や差別のない、何の不利益もない社会になれば間違いなく改善する。


      私は全く知らなかったのですが、驚いたことにチリの婚外子比率は世界一で71%、先進国はと言えばフランスやノルウェーは既に57%と過半数を上回っていました。シングルマザーが普通な社会。一方、日本はと言えば2.3%で下から2番目、最下位の韓国は1.9%でした。いずれも儒教の国、儒教的家族観が一般的です。やはり原因は儒教?うーん、でもそう言い切れるのかな。


      実は離婚に関しては儒教的価値観は既に崩壊しています。離婚率も日本と韓国はほぼ同じ35%で、世界14位、3組に1組は離婚しています。この数字、多いか少ないか?、儒教的価値観からいえば多いと思います。日本も韓国も年々増えています。


      因みに、1位のベルギーは71%、2位のポルトガル69%、、、フランス55%(9位)、米国53%(10位)です。うーん、ここまで来るともう結婚そのものに意味があるのかと思いたくなるほど。世界規模で考えると日本はまだマシと言うことでしょうか。日本より少ないのはイタリア25%、中国21%、メキシコ15%など、確かに先進国はイタリアくらい。女性の地位向上=離婚率向上、これはちょっと寂しい(気がする)。


      ふと、うちの会社はどうなっているか、考えてみました。当社の社員の半数は既婚者。なんと、離婚率ゼロ!。へえ〜、次に定年退職の人を含めて過去5年くらいを遡ってみたところ、1人だけ。これって凄いことじゃない!、誇れることだよね〜と会社で話していました。じゃあ、ゼロの理由は?


      「真面目な人が多い」この意見が一番でした。うん、確かに。次の意見は、「厳しい業界に身を置き仕事で鍛えられているので胆力がある」うん、これもそうだ。思った通りにいかないことが多い、寛容さが重要。これを知っているから色々飲み込み上手(笑)


      人生、塞翁が馬、何が幸せに結びついているか、それは誰にも分かりません。でも多くを求めず、今を幸せと思えればきっと幸せになれるんだと思います。嬉しいことに気づきました。




      | - | 22:37 | comments(0) | - |
      仕事をすることで幸せになれる!
      0


        仕事はそもそも辛いもの、嫌だな、辛いな、今日は休みたいなと感じることも多いと思いますが、幸福論を書いた哲学者のラッセルは、必ずしもそうではないと言います。


        ラッセルは幸福を妨げる8つの要因の一つに「退屈と興奮」をあげています。「人は退屈を感じると幸せになれない」、退屈にならないために(1)退屈に慣れる(2)仕事をする、のいずれかの行動をとることが大切だと言っています。


        退屈に慣れるということも1つですが、石ころをじっと見つめて、あー楽しいなと思えるようになるには相当の訓練が必要です。では退屈に慣れることができないとどうなるか、その真逆である「興奮」を追い求めギャンブルや酒、クスリにハマってしまい、結局不幸になると言います。うーん、そうだな。お酒にハマって身を崩すという話は良く聞きますね。


        ラッセルは仕事をすると幸せになると言います。確かに、仕事をしていると毎日色んな出来事が次々と起きてくるのでそれに向き合っていくだけであっという間に時間が過ぎていきます。あー忙しい、もう一週間が過ぎた、それって実はとっても幸せなことなんですね。


        海外出張や地方出張に忙殺され、もう嫌だ、あーくたびれたと思うことも多いでしょう。お客様や上司(社長?)に無理難題を押し付けられて、そんなこと言われても、、、と悩むことも多いでしょう。でも考えてみたら、だからこそ退屈を感じないのでは?とラッセルは私たちに問いかけています。確かに一理あります。


        また仕事をすると土日が楽しみになると言います。たしかにそうです。毎日が土日だったらどうでしょう。土日の感覚がなくなり、日がな一日を過ごすことは凡人には苦痛でしょう。週末にあれをしよう、これをしようと予定を立てているからこそ、1日1日が輝き、それだけで楽しい気持ちになります。


        人生100年時代と言いますが、いくつになっても、仕事の内容は変われども、地域ボランティアをしたり、家庭菜園をしたり、利他の精神で年相応の仕事をし続けることで幸せになれるんでしょう。さらにラッセルは意識を外に向けよと言います。うちにこもってばかりいては自意識過剰になり、くだらないことばかり考えるため、幸せになれないそうです。小さな悩みにつまづいたら宇宙的な視野に立ってオレの悩みなんてちっぽけだなと考えるべきだと言います。


        私の最近の休日は犬の散歩と通い始めたドッグスクールです。やんちゃ娘の教育を楽しんでいます。愛犬も今月末で生後6ヶ月になり、小学生くらいになってきました。



        | - | 09:07 | comments(0) | - |
        台湾でたくさんの方々とお会いしました!
        0

          IMG_0771.JPG


          台湾初日は台北でメーカーさん2社と打ち合わせを行いました。今年の春夏商戦の結果報告と来年の方針、課題などを説明し、お互い確認し合いました。台湾メーカーとのお取引も20年以上になるのでお互いのことは良く分かっていますが、それでも年に一度のこうした話し合いは必要だと考えています。そのあとは現場レベルの実務的な打ち合わせを担当同士で行い、お互い頑張っていきましょうと打ち合わせを終えました。


          翌日は朝から台南に移動し、午後から一気に樹脂工場を4社回りました。一緒に行ったK君から色々説明を受けながら今年のトレンドなどを見ましたが、私の知らないことばかりでとても勉強になりました。K君が培ってきた企画のノウハウは相当なもので、またこうした協力メーカーの技術があるので、もう少しオリジナルな要素を入れ、グッとお客様ニーズに特化した特別バージョンを増やすことが出来れば、付加価値の高いさらに良いものが出来ると思います。


          これからの時代は、最終ユーザーである消費者のニーズを絞り込み、そのニッチで深いニーズをあぶり出し、具体的にモノとして「他にはない当社独自の価値」を提案します。そこで販売員さんや販促ポップを通じて「こんなのあったら楽しくありませんか、ワクワクしませんか」と投げかけ、お客様に使用シーンを想像してもらうのです。但し、オンリーワンのニッチで深いニーズに特化して、商品として提案するのですから、そもそも最初の分析が不十分だと、そのお客様にとって「全く意味のないもの」になってしまいます。


          また提案はお客様の立場に立って行うことなので、全て他人中心思考で考え、何が魅力なのかを何度も立ち返って考え、考えを熟成させなければ売り方は見えてきません。気をつけることは何から何まで相手に依存してしまうことです。これはいけません。色々集めてきて、さあ決めてください。そうすると頭を使わなくなり、どんどん提案力が退化します。必要なのは主体性と想像力です。何を、どうしたいのかをはっきりさせ、お客様の気持ちを推し量ることです。


          最後に余談ですが、ただいま台湾は地方選挙戦の真っ只中で、野党が有利とのこと。予想通り与党が負けると次の大統領で大波乱が起きるかも知れません。そんな中であちこち候補者本人が手を振って歩いていますが、名入りのお菓子を配っていました。日本だと公職選挙法違反に問われますが、国も違えば常識も違うんですねえ。




          | - | 20:24 | comments(0) | - |
          就航したばかりのスターフライヤーで台湾に来ました!
          0

            image1.jpeg


            久しぶりに台湾に来ました。今回は9月末に就航したばかりのスターフライヤーに乗ってきたのですが、まだ知名度が低いためか、席はガラガラで選び放題、乗務員の女性たちからもお好きな席でおくつろぎくださ〜いと言われるほど。


            行きは8時30分発、帰りは18:30発(名古屋着は22:10)。このスケジュールだと昼からゆっくりスケジュールが組めます。それに料金もダントツで安い。プライベートで行くには最適です。機材も就航に合わせて買ったという最新のエアバスで全て革張りシート、席のピッチも広く足を組んでも前の席に当たりません。


            また出発するとドリンクサービスに加え、食事まで出ました。これがまた美味しい。値段から考えてすっかりこうしたサービスは受けられないと思っていたので気分も上がります。スターフライヤーの唯一無二の独自性(差異性)は「おしゃれでスタイリッシュ」なところです。機材、内装、クルーの制服は黒をベースに白を加えたツートンで統一され、機内食や機内誌(表紙の写真だけでなく構成や特集までファッション雑誌のようです)がとてもスタイリッシュで、クールなイメージで統一されています。


            良くあるLCCの安っぽさ(コストを徹底的に削ることによるデメリット)は微塵も感じません。でもこれで利益が出るのかな。

            飛行機は予定の時間に出発し、到着しました。機材などのハード面だけでなく、最初から最後までクルーの笑顔も良かったし、全てが期待値を上回っていました。これでリピーターゲットです。非常に勉強になりました。


            黒い座席はクールです


            先日のマーケティング勉強会でお話ししたういろモナカが出ました!


            席のピッチも広めです。

            | - | 05:11 | comments(0) | - |
            | 1/165PAGES | >>